パソコン小技ブログ

Office製品やWindows、グリー、インターネット全般、その他諸々のチップス、バグと思われる情報などの備忘録。

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ロリポブログ→JUGEMブログ | TOP | Windows7+Office2010:早速エラー? >>

2009.10.27 Tuesday

Microsoft Surface

0
    ネットをウロウロしていたら、Microsoft Surfaceというのを見つけました。
    Wikipediaでは
    Microsoft Surfaceは、マイクロソフトの開発したテーブル型パーソナルコンピュータで、複数のユーザが同時に操作することができ、マウスやキーボードといった入力装置を使わずに指先でテーブルをなぞることによって操作する。

    Microsoft Surfaceは2007年5月29日に発表された。発表当初の価格はおよそ5,000〜10,000ドル(約60万〜120万円)であり、主にホテル・レストラン・娯楽施設などが対象である。しかしマイクロソフトは、3年から5年のうちに一般消費者にも手が届くようにするとしている。

    とあります。

    ちょっと古い記事(2007/05/31 00:31)ですが「これが未来のテーブルか?--MS、テーブル型PC「Microsoft Surface」を公開」というのもありました。

    上記記事が2007年5月であり、それから3-5年ということであれば2010年〜2012年となりますね。

    そこで気づいたのが、Windows7。
    画面に触れるマルチタッチ。こんなの使う人いるの?なんて思っていましたが、テーブル型の媒体だったらタッチしますよね〜。

    あとは、まぁ、娯楽施設などにある案内板みたいな感じの用途でしょうか。

    つまり、Windows7のマルチタッチは、Microsoft Surfaceから派生した、もしくはその逆なんだろうな、ということです。

    そして、Microsoft Surfaceを使ったテーブル型PCは、おそらく私たちにだいぶ近いところまで来ているのだろうな、と思いました。

    そして、ディスプレイが3D化されたら、、、楽しそうですね。

    なんか最近そんな感じの映画を見たような気がするんですが、、、、

    発達しながら台風が接近してきていて、それがメインランドに上陸する前に早めに発達させたりして、進路をかえさせて回避する、というようなヤツだったと思うんだけど。。。15分くらい検索などして探しましたが、わかりませんでした。

    アメリカ映画にありがちな、ちょっと家族愛みたいなところもあったけど
    まぁ、たいしたものではなかったかと。

    ただ、その進路予測などのときに3DのコンピュータCGなどが出ていた気がするのですが。。。

    そんなコンピュータが目の前に現れつつあるのかな、と思いました。


    パーフェクトストーム、ではないと思います。。。

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://tips.bonbon-voyage.net/trackback/975738

    トラックバック

    ▲top