パソコン小技ブログ

Office製品やWindows、グリー、インターネット全般、その他諸々のチップス、バグと思われる情報などの備忘録。

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Windows7導入記 6:Opera10 | TOP | Office2010 >>

2009.05.30 Saturday

ワード:文章校正

0
    ワードの文章校正とオートコレクトファイルの備忘録。

    ワード(に限らずOffice製品全般?)で、トラブルとやっかいなのが
    文章校正機能。
    私はほとんど使ったことがありませんが。。。

    文字入力しているとフリーズしたりする場合。
    まずはユーザー辞書を作り直したり、
    IMEを切り替えたりが常道ですね。
    マイクロソフトのページ

    その次あたりでしょうか、文章校正機能をオフにすると
    フリーズしなくなるケースがあるようです。

    ワード2000の場合、
    ツール→オプション→文章校正
    で自動スペルチェックとか、自動文章校正などのチェックを外す。

    それにしても、この「自動」なんとか処理、ってヤですね。
    トラブルの元。。。

    っで、やっと本題です。

    C:¥Documents and Settings¥%username%¥Application Data¥Microsoft¥Proof
    の中にCUSTOM.DICというファイルがあり、これが文章校正のユーザー辞書になります。
    このProofフォルダ、削除したら勝手に作り直されてきました!
    CUSTOM.DICも同様で、CUSTOM.DICだけ削除やリネーム、拡張子を変えちゃったりしたら、勝手に新しいものが出来上がってきました。

    自動文章校正のチェックを外して改善した場合、
    これを削除してみるのも一つの手かもしれませんね。


    ちなみに
    C:¥Documents and Settings¥%username%¥Application Data¥Microsoft¥Office にある
    MSO1033.aclというファイルはオートコレクトのファイルみたいです。
    マイクロソフトのページ
    これも削除したら勝手に出来上がりました。


    ワードなんて単なる手段だ、というような姿勢がいいです。
    PCのバグやソフトのバグに付き合わず、
    内心どう思うかは別として、淡々と回避していきましょう!

    エンジニアのためのWord再入門講座

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://tips.bonbon-voyage.net/trackback/873179

    トラックバック

    ▲top