パソコン小技ブログ

Office製品やWindows、グリー、インターネット全般、その他諸々のチップス、バグと思われる情報などの備忘録。

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< IE8インストールしてみました | TOP | ワード:アウトライン >>

2009.03.21 Saturday

ワード:サンプルテキスト

0
    こちらのワード編。

    サンプルテキストを挿入する

    =rand(p,s)
    p は段落の数、s は各段落に含める文の数です。
    例えば、

    =rand(2,4)

    と入力したら

    **********************************************

    [挿入] タブのギャラリーには、文書全体の体裁に合わせて調整するためのアイテムが含まれています。これらのギャラリーを使用して、表、ヘッダー、フッター、リスト、表紙や、その他の文書パーツを挿入できます。図、グラフ、図表を作成すると、文書の現在の体裁に合わせて調整されます。文書で選択した文字列の書式は、[ホーム] タブのクイック スタイル ギャラリーで体裁を選択することで簡単に変更できます。
    [ホーム] タブの他のボタンやオプションを使用して、文字列に書式を直接設定することもできます。ほとんどのボタンやオプションで、現在のテーマの体裁を使用するか、直接指定する書式を使用するかを選択できます。文書全体の体裁を変更するには、[ページ レイアウト] タブで新しいテーマを選択します。クイック スタイル ギャラリーに登録されている体裁を変更するには、現在のクイック スタイル セットを変更するコマンドを使用します。

    **********************************************
    ↑こんな文に変換されます。
    (段落数=2、各段落の文の数=4)

    ちなみにデフォルト値はわかりませんが、
    =rand()
    と入力したら
    自分のPCでは=rand(3,3)と同じ結果になりました。

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://tips.bonbon-voyage.net/trackback/805149

    トラックバック

    ▲top