パソコン小技ブログ

Office製品やWindows、グリー、インターネット全般、その他諸々のチップス、バグと思われる情報などの備忘録。

<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< サイト価格ランキング | TOP | グリゲー:ドリランド >>

2009.01.18 Sunday

ワード2003:検索と置換

0
    検索と置換。
    本当は、エディタなどで使ったほうがわかりやすい機能かも
    しれませんけど。。。

    ワードにも当然検索と置換の機能があります。
    ご存知の方も多いと思いますが、
    今回は、テキストボックス内の文字も検索されるのか
    確認したかったので、そのついでに備忘録。


    CTRL+Fキーで、検索と置換窓の検索タブ
    CTRL+Hキーで、検索と置換窓の置換タブ が出ます。

    検索と置換

    普通に検索するだけで、
    本文とテキストボックス内の文字列ともに
    検索対象となっていました。

    ただ、テキストボックスが選ばれていると
    テキストボックス内だけの検索となるようです。


    ちなみに、オプションボタンを押せば、
    書式ボタンや特殊文字検索のボタンが表示されます。

    書式ボタンでは、
    フォント、段落、タブとリーダー、言語、レイアウト枠、スタイル、蛍光ペン
    の指定ができます。


    あいまい検索(日)(J)のチェックを外すと
    特殊文字検索(A)ボタンが押せるようになります。

    特殊文字検索

    一番上の「段落記号(P)」検索窓には「^p」と入力される が改行のようです。
    例えば、段落の始めの文字に「●」を入れたい場合、

    検索文字列=^p
    置換文字列=^p●

    とすれば、

    現在改行されている場所 を 改行して●を入れる

    というように置換するので、段落の始めに●が入ります。

    ワイルドカードを使用するにチェックを入れるとワイルドカードが使えますが、あまり使ったことがないので、よくわかりません。。。


    そして、改行マーク 段落の文字(A)検索窓には「^v」と入力される は何か。。。??
    現在調査中です。

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top