パソコン小技ブログ

Office製品やWindows、グリー、インターネット全般、その他諸々のチップス、バグと思われる情報などの備忘録。

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2009.11.16 Monday

WordやExcelからメールを送信

0
    Office製品*(WordやExcel)で編集した文書を直接メールで送信する際の備忘録。

    Word ファイルを電子メールで送信するには
    電子メール メッセージの本文として Word 文書を送信するには

    注意
    この手順を実行するには、Outlook 2003 を使用する必要があります。


    Wordで作成した文章や画像をメールで送信する方法を教えてください。では
    ここでは例として、Word 2003で案内しています。他のバージョンのWordでも一部画面は異なりますが、ほぼ同様の操作が可能です。

    以下の操作を行うには、ご利用のメールソフト(「Outlook Express」または「Outlook」)の設定(メールアカウントの設定)を完了しておく必要があります。
    メールアカウントを設定する方法については、情報番号:004016または情報番号:007286をご覧ください。
    とあります。

    Outlookじゃなきゃだめなのか、OutlokkExpressでもいいのか、、、どっち?

    ちなみに、Vista+2007では、本文としてはうまく送信できませんでした。。。


    Office Word 2007 での変更点

    メールの宛先に送信

    説明 :[メールの宛先に送信] オプションには次の変更点があります。

    [メールの宛先に送信 (添付ファイル)]: このメニュー オプションを使用すると、Word 文書を添付ファイルとして送信できます。このオプションを選択するには、[Microsoft Office ボタン] をクリックし、[送信] をポイントして、[電子メール] を選択します。

    [メールの宛先に送信]:Word 2003 では、このメニュー オプションを使用すると、Word 文書の内容を電子メール メッセージの本文内で送信できます。このオプションはユーザー インターフェイスから削除されていますが、[Word のオプション] の [ユーザー設定] タブからクイック アクセス ツール バーに追加できます。

    [メールの宛先に送信 (校閲用)]: このメニュー オプションを使用すると、Word 文書を添付ファイルとして校閲者に送信できます。このオプションはユーザー インターフェイスから削除されていますが、[Word のオプション] の [ユーザー設定] タブからクイック アクセス ツール バーに追加できます。オブジェクト モデルのエントリ ポイントも残されています。

    Office Word 2007 での変更点
    変更の理由 : メールの宛先に送信 (校閲用) 機能の代わりに、Windows SharePoint Services 3.0 のグループ作業機能を使用します。Windows SharePoint Services 3.0 のグループ作業機能は、より堅牢なワークフローを実現します。校閲者へ送信機能のオブジェクト モデルを引き続き使用することも、クイック アクセス ツール バーにこのオプションを追加することもできますが、SharePoint ドキュメントのライフ サイクル ワークフローへの移行を検討する必要があります。校閲者へ送信機能では、クライアントのみのプログラムが使用されます。Windows SharePoint Services 3.0 環境に移行しても、この機能のオブジェクト モデルを使用するアドインを作成できます。または、電子メール メッセージでドキュメントを校閲者に送信することもできます。校閲者は、[校閲] タブにあるコメント機能を使用して、ドキュメントに対してコメントできます。コメント機能の詳細については、「コメントを挿入または削除する」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=118656&clcid=0x411) を参照してください。


    Windows Vista Excel 2007 Outlook 2007環境

    Outlook 2003/2007 でメールを送信すると添付ファイルが消えたり、WINMAIL.DAT というファイルになる問題
    回避策
    したがって、これらの状況を回避するには、上記のすべてのパターンを避ける必要があります。
    まず、[ツール]-[オプション]-[メール形式] で、[このメッセージ形式で作成する] を [HTML 形式] または [テキスト形式] にします。さらに、[インターネット メール形式] をクリックし、[Outlook リッチ テキスト形式オプション] を [HTML 形式に変換] または [テキスト形式] にします。
    上記の設定は既定ではともに HTML 形式となっているはずです。

    そして、メールを送信する際にはあて先を事前に [連絡先] に登録し、メールアドレスを入力した後にメールアドレスをダブルクリックし、[インターネット メール形式] を [Outlook リッチテキスト形式で送信] 以外にします。

    これらの設定を行っても現象が起こるようなら、メールに特殊なプロパティが設定されるような方法でメールを送信しないようにします。なぜ発生しているのかがわからない場合は、以下のレジストリ設定を行うことで特殊なプロパティが設定されても TNEF で送信しないようになり、回避できることがあります。

    レジストリ キー: HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥Office¥12.0¥Outlook¥Options¥Mail
    データの名前: DontEncodeCustomNote
    データの種類: DWORD
    データの値: 1

    なお、Outlook 2003 の場合は、上記の 12.0 を 11.0 にします。

    また、Outlook 2007 では修正プログラムを適用することにより、完全に WINMAIL.DAT を送付させなくすることができるようになりました。詳しくは http://outlooklab.spaces.live.com/blog/cns!9D7EA61EC7DAA750!657.entry をご覧ください。

    2009.09.27 Sunday

    Office Live add-in

    0
      ネット上にファイルを保存するのに重宝しそうなLive add-inの備忘録。

      検索をかけてもDLページになかなかたどり着かず、
      たどり着いても英語ページだったりで
      Microsoftは相変わらず不親切。

      そればかりか、Live add-inが原因でWordやExcelが起動しない
      なんてこともあるらしいです。。。

      そんなこともあり、結局きょうはインストールしなかったのですが、
      アドレスを備忘録しないと次回また時間を食うので。。。


      ここからいくのがいいみたい。
      ただ、下記サイトの最後のほうにある「Microsoft Office Live アドインをインストール」をクリックすると即DLするダイアログが出てしまうのがちょっと気に入らないです。
      ま、ユーザーフレンドリーな会社じゃないから仕方ないか。
      Microsoft Office Live アドインをインストール


      こちらが英語のサイト
      Microsoft Office Live Add-in 2.0.3008.0

      Save Word, Excel, and PowerPoint documents to Office Live Workspace

      2009.07.21 Tuesday

      アンドゥの回数

      0
        元に戻るボタンで戻ることができる回数の覚え書き。

        元に戻るボタンの回数

        HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥Office¥10.0¥Excel¥Options
        までたどり着いたら、メニューの[編集][新規][DWORD値]
        で、名前をUndoHistoryとして値を設定します。


        Word2003で「元に戻す」ボタンで操作できる回数


        2009.03.15 Sunday

        エクセル:乱数発生

        0
          乱数の発生方法。

          =rand()

          ちなみにこの、=rand()、ワードでも使えますが、
          乱数ではなくてサンプル文みたいな感じになります。
          それは後日。


          きょう使いたかったのは整数の乱数でした。

          =rand()
          では0.#####というような数だったので、

          =TRUNC(RAND()*10)

          な感じにしてみました。

          ワークシートが再計算されるたびに
          乱数も再計算されてしまってうっとおしいときは、

          =TRUNC(RAND()*10)入力時にF9を押すと
          乱数が確定されます。


          ちなみに
          RANDBETWEEN(最小値, 最大値)
          というのを使いたかったのですが
          分析ツールアドインをインストールする必要がありました。
          OfficeのCDからすぐにインストールできるようでしたが、
          CDを取りに行くのがめんどくさかったので
          試しませんでした。。。

          2009.02.05 Thursday

          エクセル:シートを隠す

          0
            行や列を表示しない方法は、
            普段お使いの方も多いかと思います。

            一応手順。

            行や列を選択→書式→行(列)→表示しない

            表示させるときは
            隣接する行(列)を2つ選択→書式→行(列)→再表示

            めんどくさければ、
            全選択後→書式→行(列)→再表示

            ちなみに私は普段、
            表示/非表示させたい行/列を選択→右クリックメニューから
            表示/非表示にします。


            これと同様、シートも非表示になっていることがあります。
            めったに使わないけど、
            知らないとちょっと困ります。

            機能はけっこう以前から知ってはいたのですが、
            なにせ、「書式」メニューから入るので
            いつもどこにあるか忘れてしまいますので、備忘録。
            ※表示関係なんだから「表示」メニューを探しますようね〜(汗)
            ※右クリックメニューから出す方法は現在不明。


            表示されているシートもしくは選択されたシート
            →書式→シート→表示しない
            で、非表示に。

            書式→シート→再表示

            で、表示されていないシートのリストが出るので、
            再表示させたいシートを選択

            すると再表示されます。


            第三者からもらったファイルなどで
            参照元セルが見つからないとか
            妙な動きがある場合、
            チェックしてみるといいかもしれません。

            2009.01.23 Friday

            エクセルが起動できない場合の対処法(作成中)

            0
              備忘録中。。。。。

              エラーメッセージに応じて対処。

              チェック項目

              1. Windowsのセーフモードで起動するか

              2. エクセルのセーフモードで起動するか

              3. アドインの無効化

              4. .xlbファイルを再構築してどうか

              5. .pipファイルを再構築してどうか

              6. レジストリキーを削除してどうか

              7. office診断プログラムの実行

              8. officeプログラムの修復



              【詳細】
               PCの電源を入れるときにF8キーを押し続ける
                →Windowsがセーフモードで起動
                この状態でエクセルが問題なく起動すれば、
                Windowsや別のアプリケーション(ウイルス対策ソフトなど)
                常駐ソフト等が原因である可能性が高い。。。と思われる。
                

               CTRLキーを押しながらエクセルを起動
                or ファイル名を指定して実行(検索の開始)のところに
                「excel /s」と入力
                →エクセルがセーフモードで起動する
                (おそらく、エクセルを最低限の機能で起動するモード)
                この状態で起動すれば、
                .xlbファイル(ツールバーファイル・2003以前のバージョンのみ)
                .pipファイル
                (メニューの表示順などに関するデータファイル・2003以前のバージョンのみ)
                レジストリキー
                アドインなどの読み込み
                あたりがあやしいです。


               アドインの読み込みや、Excel起動時に読み込まれてくる
                ファイルのエラーが疑われる場合

                [ツール] → [アドイン]
                すべてオフに

                Excel 2007では、
                オフィスボタン→Excelのオプション→アドイン

                or
                
                xlstartフォルダの中身を一時的に空にする
                C:¥Program Files¥Microsoft Office¥Office11¥XLSTART
                (Excel 2007=Office12,Excel 2003=Office11,
                 Excel 2002=Office10, Excel 2000=Office)

                と

                WinodwsVistaの場合
                C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Excel¥XLSTART

                WinodwsXP,Windows2000の場合
                C:¥Documents and Settings¥<ユーザー名>¥Application Data¥Microsoft¥Excel¥XLSTART

                WindowsME,Windows98の場合
                C:¥Windows¥Application Data¥Microsoft¥Excel¥XLSTART


               .xlb=ツールバーファイル

                下記ファイルを検索
                Excel 2000 = Excel.xlb
                Excel 2002 = Excel10.xlb
                Excel 2003 = Excel11.xlb
                上記ファイルをリネームすると、
                Excel起動時に新たに生成される


               .pip=メニューの設定関係のファイル

                下記ファイルを検索
                Excel.pip
                上記ファイルをリネームすると、
                Excel起動時に新たに生成される


               次のレジストリキーを削除
                (Officeを再セットアップしても直らないケースでも有効な場合がある)
                regedit
                (削除前にはバックアップしたほうがいい)
                Excel 2007

                Excel 2003
                HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥Office¥11.0
                HKEY_LOCAL_MACHINE¥Software¥Microsoft¥Office¥11.0

                Excel 2002
                HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥Office¥10.0
                HKEY_LOCAL_MACHINE¥Software¥Microsoft¥Office¥10.0

                Excel 2000
                HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥Office¥9.0
                HKEY_LOCAL_MACHINE¥Software¥Microsoft¥Office¥9.0


               Excel 2007では、
                エクセルのオプション→リソース→診断プログラムの実行


               コントロールパネル→プログラムの追加と削除
                →Office製品→変更→修復


              その他。
              ◆「<ファイルまでのフルパス>が見つかりません。名前を正しく入力したかどうかを確認してから、やり直してください。」などと出て、
              ダブルクリックでファイルが開かない場合。

              エクセルのオプション→詳細設定→全般
              →[Dynamic Data Exchange (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する] チェックボックスのチェックを外すと開く場合があるようです。


              ◆ショートカットが壊れてるだけの場合も。。。

              続きを読む >>
              2009.01.03 Saturday

              エクセル:フィルタ機能

              0
                ご存じの方も多いかと思いますが。

                エクセルのフィルタ機能って便利ですよね。

                というわけで、フィルタの使い方備忘録です。

                フィルタ前
                これは普通のファイル。
                データタブのリボンのところに
                ラッパのような形をしたアイコン(フィルタ)があります。

                これを押すと、データのタイトルのところに
                下向きの▼がつきます。
                その▼をクリックすると、
                その下に入力されている項目が
                箇条書きに出てきます。

                その中から必要なものだけチェックして
                使うような機能です。

                フィルタ後
                画像では少しかぶってしまってわかりにくくなっています。。。(汗)


                タイトル:レーダー
                フィルタ:初期(装備でゲットできる)

                で抽出してみました。

                フィルタ済


                ごちゃごちゃ書きましたが、

                ラッパのマークを押して
                ▼を押して
                あとは、必要な部分を選ぶだけ
                です。


                ちなみに今回利用したデータは
                グリーのドリランド攻略用のまとめデータです。
                こういうのがないと、どれをゲットしたのか
                把握しきれません。。。

                パソコンを使わないで、携帯だけでやっている人は
                すごすぎですよね〜〜びっくり


                このデータ、10段になったら公開しようかと
                思っていたのですが、
                10段までは遠いようなので、早めに公開するかも
                しれませんLOL

                ちなみに昨日7段になったところです。

                2008.12.01 Monday

                エクセル:ショートカット4つ

                0
                  ショートカット集などではコピペのショートカットまで載っていることもありますが、、、

                  とりあえず、知るまでにちょっと時間がかかったショートカット4つ。


















                  CTRL+SHIFT+SPACE
                  表全体を選択
                  ALT+SHIFT+=
                  SUM関数
                  ALT+ENTER
                  セル内で改行
                  SHIFT+7(アポストロフィ)
                  文字列入力


                  ▲top